1コメント

アメリカン・ヒストリーX

<内容>
父を黒人に殺された恨みから、白人至上主義グループのメンバーとなったデレク。やがて殺人事件で刑務所送りになった彼が出所してきた時、デレクは自分を崇拝する弟がメンバーとなっている事実を知る。

<ひとこと>
兄弟愛に号泣。兄弟のいる男性は必見です。一人っ子でも女性でも必見です。人種差別を描いたベスト映画でしょう。希望、絶望、愛、憎しみ、後悔…重いです。決して簡単な映画ではありませんが、是非じっくりご覧ください。

アメリカン・ヒストリーX【Blu-ray】 [ エドワード・ノートン ]

価格:1,500円
(2016/1/21 22:19時点)
感想(3件)








この記事へのコメント

  • oldwaits

    はじめまして
    最近、たまたまCS放送でこの映画を観ました。昨今のアメリカでの警官による黒人殺人事件に対する一種の警句として鑑賞しました。いたましい事件が起こるたびにさまざまな文化的、あるいは芸術的アクション・リアクションが繰り返されながらも、現実の、スクリーンの外側のひとびとはこの映画の主人公のように会心しないし、そしてしないまま悲劇的な局面へと突っ走ってしまっているようにおもえてならいないです。
    2017年11月27日 21:42

人気記事