おおかみこどもの雨と雪

120810-095355-23944315_m.jpg
<内容>
『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など、新作を発表するごとに注目を集めてきた細田守監督が手掛けたアニメーション。ヒロインがおおかみおとこと恋をして結婚し、出産、子育てなどの日々を送る13年間を映し出す。

<ひとこと>
特に劇的な展開はありませんが、終始ジワジワきますね。雨の生き方は分かりましたが、その生き方を選んだ理由が弱い。雪の行く末もなんとなく分かりましたが、もう少し大人になるまで見たかった。少しモヤモヤしますが、素敵なファンタジー映画でした。



この記事へのコメント

  • ちゅいお

    とにかくかわいい映画でした。ストーリーなどは少し期待外れでしたね。
    2017年01月09日 11:30
  • やまとgo

    時をかける少女などでも有名な細田守監督の作品だったので、最初に見るまでは楽しみだったのですが正直なところ少し微妙でした。
    田舎でオオカミこども達とのびのびと暮らす様子などは見ていて楽しかったのですが、それ以外のストーリー展開がイマイチです。
    特殊な環境で生まれた子ども達の成長や彼らを女手一人育てていかなければならなくなった主人公の女性の苦悩を描くということには一応成功していますが、こういった設定を活かすならばいっそのこと、子ども達の正体が周囲の住民達にばれそうになり命を狙われるが何とか助かるといったハラハラしたエンンタメ路線に舵をきった方が楽しめる作品となったのかもしれません。
    2017年01月09日 15:57
  • ほのぼのとした映画でした。本当に二人の子供が可愛かったです。
    2017年01月10日 10:06