0コメント

中井貴一さん主演の『記憶にございません』の感想レビュー

中井貴一さん主演の『記憶にございません』の映画を観たので、感想を書きます。

日頃は真面目で誠実なイメージの中井貴一さんが総理大臣と言う立場ながら、非常に悪評なのです。

また、そういった立場でありながら、非常に口が悪く、そして世論から顰蹙をかっている内容なのです。

そして、総理大臣として国民の前で話をしている時にも『このクソ野郎が』っと言うのですが、石をぶつけられたりと非常に魅力満載の面白く笑える映画。

そんな中、突如記憶喪失となってしまい、人が一転して良い人になるのでした。

そこがまた、物凄く面白く変貌ぶりが楽しませてくれるのです。これまで、あれほど顰蹙をかっていた総理大臣が一変して様子が変わってしまったことに秘書官だけが秘密を握ってしまうのでした。

その為、秘書官たちはそれを良いことに利用しようとするのですが、それがまた観ていて面白いところでもありました。

また、この映画では三谷幸喜さん監督とあって、豪華な出演人が出揃っているのです。お馴染みの佐藤浩市さんや吉田羊さん、また石田ゆり子さんと他にも素晴らしい出演人によって構成。

ですので、中井貴一さんは勿論のこと他のキャスティングにも非常に注目して観ることが出来ました。

この記事へのコメント

人気記事