その土曜日、7時58分

<内容> ある兄弟が企てた強盗計画が、とある誤算を引き金に思いがけない悲劇を招いていくサスペンス・ドラマ。監督は『ネットワーク』等、硬派な人間ドラマを撮り続けてきた巨匠シドニー・ルメット。フィリップ・シーモア・ホフマンとイーサン・ホークが主人公兄弟を演じている。 <ひとこと> アホアホ兄弟ですねぇ。軽いはずの犯罪計画が見事なまでに泥沼化していきます。それにしてもこの監督は天才です…

続きを読む

クライモリ デッド・エンド

<内容> 5日間のサバイバル・ゲームで勝ち抜くと賞金10万ドルというTV番組の撮影で、“アポカリプス(=黙示録)”と称する森の中に選ばれた若者たち6人が集合する。しかし、この森は人喰い一家の棲む森だった。 <ひとこと> グロいです!でも面白いです!前作を超えた珍しい続編ですね。グログロなのに所々に散りばめられた笑いでクスッと来ます。変態人食い一家むかつきすぎ!ランボー大佐をめちゃ…

続きを読む

テキサス・チェーンソー

<内容> 実際にあった連続猟奇殺人事件をモチーフにしたサスペンス。マイケル・ベイがプロデュース。恐怖のジェットコースターに乗せられたように衝撃シーンが連発。実在の殺人犯エド・ゲインの資料を徹底的に研究して描かれた脚本はもちろん、惨劇の舞台となる農家が怖い。 <ひとこと> とにかく怖かった映画。私の中で一二を争う怖いホラー映画。ブイーンブイーンというチェーンソーの音が耳から離れず、…

続きを読む

ソウ4 SAW4

<内容> 残虐な死のゲームに翻弄される人々の恐怖を、練った展開で描いて世界的大ヒットを記録したサスペンス・スリラー『ソウ』シリーズ第4弾。ゲームの仕掛け人であるジグソウと弟子のアマンダが死に、今作では新たに死のゲームを始めた謎の人物に迫る。 <ひとこと> 更にジグソウの謎が解き明かされた第4弾。4で初めてソウを観た人は何がなんだか分からないでしょう。1~3を観た人でもおさらいをし…

続きを読む

バラフライ・エフェクト

<内容> 過去に戻って現在、未来の出来事を変えることができる青年を描いたSFスリラー映画。『ジャスト・マリッジ』のアシュトン・カッチャー主演作。共演は『ラットレース』のエイミー・スマート。ノンストップで繰り広げられるストーリー展開と驚愕のラストは必見。 <ひとこと> SAWに便乗したB級スリラー映画とは違い、正統派の最高スリラー映画ですね。やはり面白さが違います。映像、音…

続きを読む

羊たちの沈黙

<内容> 若い女性を殺害しその皮を剥ぐという猟奇事件が続発。捜査に行きづまったFBIは、元精神科医の殺人鬼ハンニバル・レクターに示唆を受けようとする。訓練生ながらその任に選ばれたクラリスは獄中のレクターに接触する。レクターはクラリスが、自分の過去を話すという条件付きで、事件究明に協力するが…。 <ひとこと> 深すぎるレクター博士とクラリスの会話…そして衝撃のラスト。ホラーでは…

続きを読む

シックス・センス

<内容> 高名な精神科医のマルコムは、かつて担当していた患者からの凶弾に倒れてしまう。リハビリを果たした彼は、複雑な症状を抱えた少年・コールの治療に取り掛かる事に。コールは常人には無い特殊な“第6感”――死者を見る事ができる能力――を持っていた。 <ひとこと> サスペンススリラーの代名詞とも言える映画ですね。とにかく面白いです。怖いです。しかしラストは泣けます。とにかく素…

続きを読む