デイブレイカー

<内容> 人類が絶滅の危機に瀕し、バンパイアが世界を支配する近未来を描くSFアクション・スリラー。絶滅寸前の人間と圧倒的支配者であるバンパイアの世界という発想で、これまでの両者の立場が完全に逆転した独創的な映像世界が展開する。 <ひとこと> なかなかの掘り出し物。バンパイアホラーですがストーリーに重点を置き、しかし怖いところは怖い。映像もきれいでイーサン・ホークもかっこいい!…

続きを読む

エイリアン2

<内容> ノストロモ号事件唯一の生存者、二等航海士リプリーが眠るシャトルは57年の後にようやく発見されゲッタウェイ・ステーションに回収された。エイリアンの存在と危険性を会社に訴えるリプリーを驚愕の事実が襲う。今やアチェロンと名付けられたあの惑星LV426は数十家族が移り住み植民惑星となっていたのだ。 <ひとこと> 7年の歳月を経て登場したシリーズ第2弾。ストーリー・映像技…

続きを読む

善き人のためのソナタ

<内容> ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻弄された芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督が歴史学者や目撃者への取材を経て完成させた。 <ひとこと> 特に大きな展開はありませんが、そこがまたわざとらしくなくていいですね。隠された歴史を見つめつつ、ヒューマンドラマとしても秀逸。ラストの台詞もすごくお…

続きを読む

リベリオン

<内容> 第3次世界大戦後、生き残った指導者たちは戦争勃発の要因となる人間のあらゆる感情を抑止させるべく、精神に作用する薬を開発。これを国民に毎日投薬することを義務づけ、徹底した管理国家体制を敷いた。反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つプレストンを中心とした警察に厳しく処罰される。 <ひとこと> ガン=カタ、かっこいいですね!ストーリー設定も面白く、展開もひねりが加えて…

続きを読む

ラスト・オブ・モヒカン

<内容> 原作は幾度となく映画化されて来たジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』。独立前夜のアメリカを舞台に、英軍大佐令嬢と、モヒカン族酋長の息子との愛を描く。主人公に扮したD・デイ=ルイスが従来のイメージを払拭するキャラクターを見せたアクション・ロマン。 <ひとこと> 切なく悲しくかっこいい。映像もきれい。音楽も素晴らしい。タイトルからどんな映画か分か…

続きを読む

ザ・フライ2 二世誕生

<内容> ハエ男と化してしまった科学者を描いた「ザ・フライ」の続編。前作で絶命した科学者と女性記者の間に出来た息子が登場。巨大企業に囲われている彼は父譲りの才能を発揮して再び物質転移装置の開発に携わるが、ハエ男としての血も受け継いでいた。 <ひとこと> 前作同様、恐怖感・感動の両面で秀逸なホラー映画。よくできた続編です。1を観た方なら普通におすすめです。子供がハエって切ないですね…

続きを読む

バイオハザード2 アポカリプス

<内容> ゲームを映像化し世界中で大ヒットとなった前作から2年。舞台を地下施設から巨大都市に移し、蔓延するアンデッドたちと主人公アリスらの壮絶な戦いを描く。前作同様ミラ・ジョヴォヴィッチを主演に、ジル・バレンタインをシエンナ・ギロリーが演じる。 <ひとこと> 個人的には1の方が好きですが、こちらの方が面白いという人もいる良くできた続編。アクションシーンが増えた分、1よりもドラ…

続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド

<内容> ロンドンに暮らすショーンは、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、親友のエドとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。このままではいけないと自覚したショーンは、恋人リズとヨリを戻すため、これまでのだらしない生活を改めようと決意する。 <ひとこと> 面白いですね。~オブ・ザ・デッドシリーズの中で一番の出来かもしれません。いえ、ゾンビ映画の中でも数本の指に入る…

続きを読む