ショーン・オブ・ザ・デッド

<内容> ロンドンに暮らすショーンは、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、親友のエドとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。このままではいけないと自覚したショーンは、恋人リズとヨリを戻すため、これまでのだらしない生活を改めようと決意する。 <ひとこと> 面白いですね。~オブ・ザ・デッドシリーズの中で一番の出来かもしれません。いえ、ゾンビ映画の中でも数本の指に入る…

続きを読む

チャイルド・プレイ

<内容> 射殺された凶悪犯の魂が乗り移った人形を手にした少年アンディと母親の恐怖の体験。内容自体はオカルト映画の範中に入る作品だが、人形を完全にモンスターとして扱い徹底的な怪物映画としている事が、かなり娯楽性の高い傑作映画となった。 <ひとこと> 子供の頃に観て怖くてしかたなかった映画。最近あらためて観てみましたが、やっぱり面白いですね。臨機応変に人形に戻るチャッキーが憎たら…

続きを読む

隣人は静かに笑う

<内容> 大学でテロリズムの歴史を教えているマイケルはワシントン郊外で幼い息子と暮らしていた。ある日、花火で大やけどを負った少年を助けた。最近、隣りに引っ越してきたラング家の子供だった。両親のオリバーとシリル夫妻は彼に感謝し、以来、両家の交際がはじまる。 <ひとこと> 面白いですね。リアルに怖すぎです。怪しいお隣さん…ヤバイです。計算された脚本、演出によってテロの恐怖が見事に伝…

続きを読む

サイダーハウス・ルール

<内容> 孤児院生まれの青年を主人公に、彼がさまざまな経験を通し成長してゆく姿を温かな視点で描く。マイケル・ケイン、トビー・マグワイア共演。20世紀半ばのアメリカ。田舎町の孤児院で、堕胎を専門とする産婦人科医ラーチに育てられたホーマー。 <ひとこと> ほのぼの心温まる映画。新しい世界への憧れ、自分探しの旅を通して愛情、友情、希望を見つけていく、いろいろなドラマが詰まった名作映…

続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ

<内容> 第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラーアクション映画。ファシズム国家と化したイギリスで、夜の街で秘密警察に捕まったイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、仮面の男V(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。 <ひとこと> いやいや、面白いですね。キャラの設定が上手く、V最高です。映像やアクションは平凡ですが、ストーリー…

続きを読む

アメイジング・スパイダーマン

<内容> アメコミ発の人気シリーズを、キャスト等を一新してリブートする超大作。主人公ピーター・パーカーをアンドリュー・ガーフィールドが演じ、エマ・ストーンがヒロインとして出演する。前シリーズの世界観を踏襲しつつも、アクションの更なるパワーアップにも期待。 <ひとこと> オリジナルを観てなかった方はラッキーですね。超映像で新しくなった名作を観ることができます。スパイダーマン…

続きを読む

千と千尋の神隠し

<内容> 両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。が、彼らは“不思議の町”の掟を破ったために豚にされてしまう。 <ひとこと> 相変わらず宮崎アニメは勉強になりますね。現代人が忘れている純粋な愛や希望、労働の意味などを思い出さ…

続きを読む

紅の豚

<内容> 宮崎駿の短編漫画を映画化した長編アニメーション。ファシスト党の台頭する1920年代のイタリアを背景に、呪いを受けて“豚”となった中年パイロットの活躍を描く。飛行艇同士によるダイナミックな空中戦や、宮崎自身ファンである各機の細やかな設定も見どころ。 <ひとこと> 飛べない豚はただの豚だ。豚は飛んでも豚だ。かっこいい豚たちだ。豚のくせにかっこつけんな豚野郎。でもやっ…

続きを読む