魔女の宅急便

<内容> 宮崎駿監督が、魔女の少女が魔女になるための修行をしていく過程で様々な経験を積み成長していく姿を描いた長編アニメーション。13歳の魔女キキは、古い一族の掟に従い、黒猫ジジと修業の旅に出る。そして、海辺の大きな街で修行をすることに。箒で飛ぶ以外に能がないのキキは、空飛ぶ宅急便を始める。 <感想> 魔女の宅急便の感想です。スタジオジブリが手がけた映画ですがこの作品は原作から映…

続きを読む

「火垂るの墓を観た」感想

<内容> 自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。高畑勲監督のリアルかつ繊細な演出により、兄妹の孤独な心情を見事に活写。ふたりの運命を予見するような、闇夜を照らす蛍の姿が痛烈に迫る。 <感想> 毎年夏に幾度となくテレビで放送していますので観たことのない人も少ないでしょう。戦争を悲惨さを教えてくれる悲…

続きを読む

となりのトトロ

<内容> 宮崎駿作品の最高級傑作アニメ。物語の舞台は昭和30年代。の所沢(らしいです)。大学で考古学を研究する学者のお父さん、小学6年生のサツキ、4歳のメイの3人が引っ越してきたのは、豊かな自然と美しい四季があふれる田舎の、「お化け屋敷」のような一軒家。しかし本当に出たんです…トトロが。 <ひとこと> ほのぼのしすぎです。しんみりと泣ける宮崎アニメといったらこれがナンバー1か…

続きを読む

風の谷のナウシカ

<内容> 海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が積まれていた。やがて巨神兵をめぐり闘争が勃発し、風の谷の王妃ナウシカも陰謀渦巻く戦乱に巻き込まれてゆく。 <ひとこと> 宮崎アニメで3本の指に入る好きな映画です。メッセージ性が強く、とても…

続きを読む

天空の城 ラピュタ

<内容> 「ガリバー旅行記」をモチーフに宮崎駿がオリジナル原案で描いた冒険アクション映画。見習い機械工のパズーはある日、空から降りてきた不思議な少女を助ける。その少女・シータは、浮力を持つ謎の鉱石“飛行石”を身につけていた。 <感想> 宮崎アニメで私が最も好きな映画です。オープニングからエンディングまで文句の付け所がなく面白いしエンディングではシンミリ感動。観たことのない方が…

続きを読む

電車男

<内容> インターネットから生まれた奇跡の純情初恋物語を映画化。電車男を演じるのは若手実力派ナンバ-ワンの山田孝之。電車男が憧れる美女・エルメスに中谷美紀。監督は数々の話題のドラマを手がけてきた村上正典。不器用なオタク男の恋を描いた感動のラブストーリー。 <ひとこと> やはりドラマ版に比べると急展開でバタバタしています。仲間の大切さなどを訴えたりもしている気がしますが、そんな…

続きを読む

いま、会いにゆきます

<内容> 死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説の映画化。主演にはドラマや映画で引っ張りだこの竹内結子が初の母親役に挑み、その夫を歌舞伎界の革命児こと中村獅童が扮する。シンプルでまっすぐな家族愛に目頭が熱くなること必見の感動作。 <ひとこと> 泣けます。号泣です。私が最も好きな恋愛系の邦画かもしれません。あり得ない設定ですが、上手く映画らしくまとめてい…

続きを読む

耳をすませば

<内容> 宮崎駿がプロデュース、「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。 <ひとこと> ジブリらしいメッセージ性とファンタジーを兼ね備えた、中学3年生の甘酸っぱい恋愛物語と自分探し。未来は無限に広がる中高生には絶対に観てほしい。大人も青春時代を思い出してほしい(戻らない素…

続きを読む